透析の進歩

瓶から飛び出た薬

人工透析にはHDFと呼ばれるものがあります。
HDFとは日本語に訳すと「血液濾過透析」と呼ばれるものです。
一般的な透析は、拡散現象を利用して血液の中の老廃物を取り除くHDと呼ばれる透析を行います。
また、別の方法で濾過で血液の老廃物を取り除くのがHFです。
それらを掛けあわせたのがHDFになります。
HDFは2つの利点を併せ持っているのでとても画期的な透析方法だといえます。
従来の透析で行えなかった大きな不純物を取り除くことも可能になりました。
そのため、痒みや痺れ、関節などの骨の痛みを取り除くことも出来るようになりました。
また、通常の透析では透析が終わった後に、倦怠感や疲労感などの症状が多くみられましたが、これらの症状もHDFの透析により改善されています。
このように、HDFはとても画期的な透析方法だと言えますが、最新のシステムのため導入をしていないクリニックが多いようです。
ですが、東京などの最新の研究がされているところでは、HDFを導入している所が多々あるようです。

HDFはとても革新的なものですが、オフラインとオンラインで違いがあるようです。
オフラインHDFは濾過のための補液をパックから供給するので、補液量は限りがあります。
ですが、オンラインHDFは透析液をそのまま使用することにより、濾過のための補液量が多くなるのでオンラインHDFの方が老廃物を多く取り除くことが出来ます。
ですので、オンラインHDFが導入されているクリニックを探すと良いでしょう。
東京ではオンラインHDFを導入してる場所があるので、ネットなどを使い探してみると良いでしょう。